レーシック

Re-sikku

 

 奇跡の視力回復法、レーシック。有名なスポーツ選手や芸能人などが次々とレーシック手術を受けていることもあって、最近では徐々にポピュラーな視力矯正法となってきました。ただ、欧米での認知度に比べると、日本での認知度はまだ低いと思います。そこで、このページでは、その「レーシック」について説明したいと思います。

 

 

 レーシックのもくじ

 ・レーシックとは?

 ・レーシックの利点

 ・レーシックの欠点

 ・レーシックの費用

 ・レーシックでの保険適用

 ・レーシックの体験談

 ・レーシッククリニックの比較

 

品川近視クリニック

re-sikku
re-sikku

 100万症例以上の実績を誇る品川近視クリニック。レーザー照射の精度が高く、さらに照射時間が短い最高峰のレーシックが人気です。プロスポーツ選手や芸能人の方もこのクリニックを利用している人が多いみたいですよ。

ホームページで有名人の体験談を確認  → 品川近視クリニック

 

レーシックとは?

 レーシックとは、レーザー角膜屈折矯正手術の一種で、目の角膜の形状を修正することによって、近視・遠視・乱視などの屈折異常を矯正する方法です。メガネ・コンタクトレンズと並んで、第3の視力矯正法として注目されています。具体的には、角膜の表面を削って作った薄い膜に、エキシマレーザーと呼ばれるレーザーを照射して角膜の一部を蒸散させ、その角膜をもとに戻します。その結果、角膜の中央部分が薄くなり(曲率が変化)、近視や乱視を矯正できます。最近では、レーシック技術もかなり進歩しており、角膜の表面を削る際にイントラレーザーというレーザーを使用する「イントラレーシック」が主流になりつつあるようです。

このページのトップへもどる

 

レーシックの利点

(1)メガネ・コンタクトレンズが不要に

 レーシックは、裸眼視力そのものを回復させる治療ですので、メガネ・コンタクトレンズは不要になります。

従って、メガネの購入費、コンタクトレンズの購入費・維持費などが節約できます。

(2)手術時間が短い

 レーシック手術はかなり短い時間(数十分)で終了するようです。

(3)手術は痛くない

 点眼麻酔を用いるだけで注射はしないため、痛みは伴いません。手術中も痛みを感じることは無いようです。

(4)手術後すぐに視力が回復する

 個人差はあるようですが、手術したその日に視力回復がみられる人もいるようです。翌日には目標視力にほぼ回復するそうですよ。

(5)生命保険・医療保険の適用も

 健康保険(国や会社のもの)は適用できませんが、保険会社が扱っている生命保険・医療保険は適用できることもあるようです。また、手術代金によっては、確定申告の際に医療費控除を受けることができます。

このページのトップへもどる

 

レーシックの欠点

(1)希望しても受けられない場合がある

 初診検査の結果、レーシック手術に適してないと判断された場合や、18歳未満は受けられません。

(2)リスクがゼロではない

 どんな手術でも「リスクゼロ」はあり得ません。レーシック手術の安全性は極めて高いものですが、稀に合併症を引き起こすことがあるようです。ただ、その際の対処法などもあるようですし、レーシック手術失敗で失明した例は、これまで一度も無いそうです。心配な方は、事前に医師から納得いくまで説明を受けましょう。

(3)健康保険は適用外

 健康保険は適用外ですので、全額実費で支払わなければなりません。ただし、上述したように、保険会社が扱っている生命保険・医療保険は適用できることもあるようです。

このページのトップへもどる

 

レーシックの費用

 レーシックの手術費用は、両眼で10万円〜30万円(片眼はその半分)と、使用する機器の種類やクリニックによって幅があるようです。料金については、各クリニックのホームページで確認できますし、より詳細な料金体系が知りたい場合は、資料を請求してみるといいと思います。(後述のレーシッククリニックの比較を参照)。

 また、健康保険は適用外ですので全額負担となりますが、保険会社が扱っている生命保険・医療保険に加入している人は、手術給付金の適用が受けられることもあるようなので、事前に確認するといいですよ(後述のレーシックでの保険適用を参照)。さらに、支払額によっては医療費控除を受けられる(所得額が減るため各種税金が安くなります)可能性がありますので、年度末の確定申告の際に忘れずに申告しましょう。

 レーシックの手術費用は高額ですが、手術給付金の適用が受けられれば、かなり安く受けることが可能になりますし、医療費控除による税金低減の恩恵を被ることができます。また、コンタクトレンズを何十年も長期間使用すれば100万円以上の購入費・維持費が必要になってきますから、それを考えると安いですね。つまり、長期的に見れば、お金の節約になるというわけです。

このページのトップへもどる

 

レーシックでの保険適用

 上述しているように、健康保険はレーシック手術に適用できませんが、保険会社が扱っている生命保険・医療保険(手術給付金の給付)は適用できることもあるようです。一般的に、昔から保険に加入している人は適用範囲内であることが多く、最近加入した人は適用外であることが多いようです。これは、近年レーシック手術を受ける人が多く手術給付金の請求が急激に増えているため、保険会社がレーシック手術を保険適用外にしているからだそうです。レーシック手術が保険適用内かどうかは、契約している保険会社に問い合わせてみると良いと思います。

 また、どうしても今から加入する保険で適用したい人は、保険スクエアbang!というサイトで、数社の保険会社から資料請求して、適用できる保険がないかどうか調査してみるといいかもしれません。

このページのトップへもどる

 

レーシックの体験談

 レーシックを専門的に行っているクリニックのホームページには、そのクリニックでレーシック手術を受けたプロスポーツ選手や芸能人などの体験談が掲載されています。例えば、品川近視クリニックのホームページでは、有名なプロスポーツ選手やタレントさんの体験談が紹介されていますので、レーシックに興味のある方はチェックしてみてください。その他にも、有名人が多く利用しているクリニックのホームページには、体験談が記載されていることが多いので、確認してみましょう。有名人が多く利用しているクリニックはこの下で紹介しています。

このページのトップへもどる

レーシッククリニックの比較

 レーシックの認知度が低い日本では、レーシック専門クリニックはそれほど多くありませんが、プロスポーツ選手や芸能人が多く利用している有名なクリニックは、全国主要都市に拠点を抱えています。また、このような有名なクリニックは、レーシック手術の症例数も多く、安心して利用できると思います。ここでは、そのようなレーシック専門クリニックを紹介 ・比較してみます。

 
 
 
 
 

 

re-sikku
re-sikku

 それぞれのクリニックのホームページから、資料を請求できるようになっているので、気になる方は、まず資料請求してみましょう。

 

このページのトップへもどる

生活・健康・保険に関するリンク集はこちら

生活費・健康・保険の節約カテゴリーのトップページはこちら

節約主婦の節約術のトップページはこちら
 

【車両費】

自動車保険は毎年見直すのが常識。無料比較してみましょう。

【健康】

今話題の視力回復法「レーシック」についてまとめてみました。

【保険】

女性のための「女性専用の医療保険」をご存知ですか?

初めての方へ | サイト内検索 | サイトマップ | お問い合わせ | 更新履歴

結婚式・披露宴

ショッピング

生活・健康・保険

副収入・仕事

妊娠・出産・育児

Location : 節約主婦の節約術トップ > 生活費・健康・保険の節約術 > レーシック

生活・健康・保険

メニュー

生活・健康・保険

メニュー



初めての方へ | サイト内検索 | サイトマップ | お問い合わせ | 更新履歴

結婚式・披露宴

ショッピング

生活・健康・保険

副収入・仕事

妊娠・出産・育児


免責事項

管理人は、「節約主婦の節約術」で記載している情報の正確性について万全を期しておりますが、

情報が古くなっていたり、不正確な記載・誤植などで情報が間違っている場合があります。

情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、管理人は責任を負いかねます。

また、当サイトで紹介しているリンク先でのご契約等において生じた問題・不利益についても管理人は責任を負いかねますので、ご了承ください。


本ページに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 2005-2016 節約主婦の節約術 All rights reserved.