クレジットカードの海外旅行保険

Card Insurance

 

海外旅行保険付帯のクレジットカード


 海外旅行の際には、旅行保険に入りますよね?「私は旅行保険なんて必要ない!」っていう人もいますが、旅行先で何があるかわからないので、「備えあれば憂いなし」ってことで、入っておいたほうがいいですよ。病気になったり、事故に巻き込まれてケガをするかもしれません。

 ただ、海外旅行保険って結構高いんですよね。私の主人は、仕事柄、海外旅行に行くことが多く、いつも保険会社の旅行保険に入ってたんですが、最近では旅行保険付帯のクレジットカードで代用してます。

 私の主人が利用しているのは、「 三井住友VISAカード 」というカードなんですが、結構厚い保障内容にも関わらず、保険料金がかからないんです(本来有料カードなんですが、簡単な条件で年会費が無料になります:下記参照)。つまり実質「タダ」で海外旅行保険に入れるという優れもの。さらに、国内旅行の旅行保険も付帯しているんですよ。カードのネームバリューも高いので、海外での使用も全く心配ありません。
 

私の主人が持っている海外旅行保険付帯のクレジットカード

三井住友VISAカード

世界シェアNo.1の海外旅行保険付帯カード



 

 私の主人が持っている 三井住友VISAカード です(クラシックカードA)。最高2000万円の海外旅行傷害保険に加えて、国内旅行傷害保険も付帯しています。ネームバリューも高いですし、顔写真付きのカードにできるので、海外でも安心して使用できます。
 初年度は年会費無料ですし、次年度からも「マイ・ペイすリボ」に登録して年1回利用するだけで、年会費無料になります。

(*)「マイ・ペイすリボ」というのは、 「リボ払い」専用カードにするということですが、支払い上限を上げてしまえば、一回払いと同様に使用できるので、手数料はかからなくなりますヨ。

 

【参考】クレジットカード付帯の旅行保険の一部は合算できます!

 海外旅行保険付帯のクレジットカードを何枚も持っているとちょっとお得なんですよ。死亡・後遺障害保険については、持っているカードの中で一番高い旅行保険が適用されるんですが、治療や賠償責任などに関する保険金額は、なんと「合算」できるんです。つまり、旅行保険付帯カードをいくつも持っていると、お得なんですよ。手厚い海外旅行保険が付帯している「(実質)年会費無料のクレジットカード」もいくつかあるので、下の表にまとめてみました。

◆海外旅行保険付帯の(実質)年会費無料クレジットカード◆

 

三井住友VISAカード
(クラシックカードA)
(アミティエ)

JCB EIT 楽天カード 合算

傷害死亡・
後遺障害

2000万円 2000万円 2000万円 2000万円

傷害治療

100万円 100万円 200万円 400万円

疾病治療

100万円 100万円 200万円 400万円

賠償責任

2500万円 2000万円 2000万円 6500万円

救援者費用

150万円 100万円 200万円 450万円

携行品損害

20万円 20万円 20万円 60万円

(年会費)

「マイ・ペイすリボ」に登録して年1回利用で無料

無料 無料

(国内旅行保険)

付帯

 

 

 

節約主婦の節約術トップページへ