出産体験記

Birth-Story

 

 出産体験記のページでは、陣痛開始から出産に至るまでの様子を体験談で紹介しています。また、出産後の産院での入院生活についても体験記を記載しています。これから出産を控えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 出産体験記のもくじ

 ・出産体験記

 ・私の入院生活

 

 「ディズニーの英語システム」

 ディズニーのキャラクターと楽しく英語を習得できるように考えられたプログラムです。今ならおためしDVD付き無料サンプルがもらえます。私の娘は、ディズニー英語システムの歌が大好き。歌に合わせて踊っています。

 

出産体験記

 私は、2005年の春に娘を出産しました。人と比較すると(比較できるものではありませんが)、難産ではなく、安産であったと思いますが、やはりそれは壮絶なものでした。また、その感動もまた偉大なものでした。以下にその体験記を記します。出産を控えた方は、参考にしてくださいね。

(前日20:00頃〜)
■陣痛開始
 陣痛は出産日の前日の夜から始まりました。なんとも形容しがたい痛みです。産院から「陣痛が15分間隔になったら連絡してください」と言われていたので、ひたすら15分間隔になるのを待ちました。痛んでる時間と痛まない時間がはっきりと分かるので、その間隔を計測することは簡単です。しかし、なかなかその間隔は縮まりません。その日の夜は、いつも通り、食事を済ませ、お風呂に入りました。

(当日AM0:00〜9:00)
■陣痛に耐えて夜を明かす
 当たり前ですが、眠ることはできません。普段の腹痛とはワケが違います。一晩中時計を片手に陣痛の間隔を計測しました。主人もほとんど寝ずにつきあってくれました。朝になって、食事を済ませた頃には(これから大仕事があるので食べないわけにはいきません)、陣痛の間隔が15分おきになっていました。

(当日9:00〜12:00)
■いざ病院へ
 病院に電話すると、「陣痛の間隔が10分になったら来て下さい」とのことだったので、もう少しだけ我慢してからタクシーを呼んで、主人と二人で病院へ行きました。しかし、助産士さんは落ち着いたもので、「先に昼ごはん食べます?」って感じで、普通でした。ちなみにこの時の陣痛の間隔は5分でした。

(当日12:00〜16:00)
■ちょっと余裕の時間帯
 12:00に入院手続きを済ませ、昼食をとった後、主人と二人で陣痛室へ。主人が私の両親に連絡をとってくれて、15:00くらいに両親も来てくれました。痛みに慣れたというわけではないでしょうが、重度の疲労と徹夜による寝不足からか、少しだけ眠ってしまいました。16:00くらいまではまだ耐えられる痛みだったんです。

(当日16:00〜19:00)
■かなり激しい陣痛
 16:00になると陣痛も3分間隔になり、痛みもかなり激しくなってきました。ここから出産までの4時間は楽な時間帯はありませんでした。痛みは増すばかりです。この頃から顔面蒼白でした。

(当日19:00)
■破水
 ちょうど、主人が私の父親とご飯を買いに行っているときに破水しました。でも助産士さんはいたって冷静。「わかりましたよ〜」とか言って、全く慌てる様子はありません。さすがプロですね。こっちはあせりまくりです。

(当日19:30)
■分娩台へ
 破水の知らせを聞いて、すぐに戻ってきた主人と一緒に分娩室へ。酸素マスクをつけられて、赤ちゃんの心音に合わせていきむように支持されます。この産院の方針では、「いきみの方法なんていうのは、教えんでもできるんや」みたいな感じで、この時まで練習なんか全然やってませんでした。でも、できますよ。本番では。主人もビデオ撮影しながら、励ましてくれます。

(当日19:54)
■出産
 2回くらいのいきみの後、促進剤を注射され、さらに、”ちょきん”とハサミで切られました。でも全然痛くありません。そんなことが痛くもかゆくもないくらい”痛い”んです。出産というのは。この世の痛みではありません。そして5回目のいきみの後、助産士さんが赤ちゃんをとりあげてくれました。すぐに赤ちゃんの口の中を洗浄してくれて、「おぎゃー」と産声が。この時の感動・達成感・使命感といったら言葉では言い表せません。

(当日20:00〜20:30)
■後産〜傷口縫合
 院長が赤ちゃんのことを調べてくれている間に、後産が。そう、胎盤が役目を終えて出てくるのです。案外キレイなものでしたよ。赤ちゃんが入っていたお腹は見事にぺちゃんこです。「結構、子宮の回復が早いね〜」って褒められました。その後、麻酔を打ってもらって傷口を縫ってもらいました。出産の時には麻酔はないんですが・・・。

(当日20:30〜)
■赤ちゃん初抱っこ
 分娩台から降りてから、車椅子に乗って赤ちゃんを抱かせてもらって記念撮影しました。ちっちゃくてかわいかったです。でも、よくこんな大きな子が出てきたなと思いました。痛いわけですよ。

(当日21:00〜)
■安静室へ
 車椅子のまま安静室へ移動しました。赤ちゃんは赤ちゃんルームへ。私が通っていた産院は、母子別室(母は完全個室)だったんです。安静室には、テレビモニタがあって、赤ちゃんが確認できるようになっていました。大仕事を終えて、お腹が減っていた私は、ご飯を食べずに付き添ってくれた主人・両親と食事しました。両親が帰った後、私は安静室で寝てしまったようで、主人はひとりで、私の入院室で寝ました。

その後の入院生活について、次の「私の入院生活」を参照ください。

このページのトップへもどる

 

私の入院生活

 私が入院した病院は、母子別室(母は完全個室)の体制でした。母子同室であれば、面会者からベビーへの何らかの感染の危険性がある、また母体が休まらない、という医院長のお考えから母子別室を徹底されていました。ですから、赤ちゃんを抱っこできるのは、授乳時間のみです。授乳は毎日5回、母だけが入れる授乳室にて行います。深夜や明け方などの就寝時は、看護婦さんがミルクを与えてくれます。実際に退院したらバタバタと忙しいので、私はこのような体制の病院で、ゆっくりと体を休めることができてよかったと思います。母子同室・別室に関しては、それぞれメリット・デメリットがあるので、みなさんも母親教室などで病院の方針を聞き、納得したうえで入院されることをオススメします!

  スケジュール 体の状態
第1日目
(出産日)


12:00 5分間隔の陣痛で入院。すぐに昼食。
16:00 陣痛の間隔が3分間隔。痛みも激しく。
19:00 破水。分娩台に移動。
19:54 出産〜後産〜傷口縫合
20:30 赤ちゃん初抱っこ 記念撮影
21:00 夕食
     6時間安静⇒そのまま就寝
 

 陣痛室では、おなかにNST(胎児心拍数図)のベルトを巻いているので、あまり激しく体勢を変えることができず、ベッドの上で苦しむ。分娩台に移動してから5回位のいきみで出産。
 分娩台を下りてから車椅子で安静室へ移動。傷口が痛み、姿勢を変えるのも大変!下半身は、ときどき足がガタガタ震えるなど変な感じ。

第2日目


07:00 起床 検温
08:00 朝食
10:00 授乳
11:00 栄養士さんの「赤ちゃんの栄養」指導
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 検温  乳房マッサージの指導
15:00 おやつ
15:30 院長回診
16:00 授乳
18:00 夕食
19:00 授乳
20:00 各部屋でビデオ教材視聴
22:00 授乳
23:00 消灯 
 

下半身は、尿意も感じないくらい麻痺した感じ・・・。 円座の椅子やクッションがないと座れない状態。

《胸の状態》
乳房マッサージ指導のときに、少し初乳(クリーム色でネバネバしたもの)がでてきた。胸の張りは無し。

《悪露》
お産パットLサイズで3時間毎に取り替えるくらいの量。

第3日目


07:00 起床 検温
08:00 朝食
09:00 シャワー
10:00 授乳
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 院長による退院指導
15:00 おやつ
15:30 検温、院長回診
16:00 授乳
18:00 夕食
19:00 授乳
20:00 各部屋でビデオ教材視聴
22:00 授乳
23:00 消灯
 

《胸の状態》
今日から1日5回の授乳が開始。(深夜は看護婦さんがミルクを与えてくれる。)両方の乳房を5分間ずつ吸わせるが、母乳はまだ出ていない様子。50mlのミルクを哺乳瓶で与える。

《授乳指導》
赤ちゃんの抱っこの仕方、授乳姿勢、おむつ交換の仕方などの指導を受ける。

《退院指導》
退院後の母子の生活、赤ちゃんの取り扱いについての指導。

第4日目


07:00 起床 検温
08:00 朝食
09:00 シャワー
10:00 授乳 尿検査
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 検温
15:00 おやつ
15:30 院長回診
16:00 授乳
18:00 夕食
19:00 授乳
20:00 各部屋でビデオ教材視聴
22:00 授乳
23:00 消灯
 

下半身の違和感もほとんどなくなり、なめらか〜に歩けるようになる。しかし、座ると傷口がちょっと痛い。

《胸の状態》
胸がカチコチに張り、痛くて目が覚める。
胸が張っていると赤ちゃんが吸い付きにくいので、看護婦さんに搾乳してもらう。

《悪露》
お産パットMサイズで2〜3時間毎に取り替えるくらいの量。
 

第5日目


07:00 起床 検温
08:00 朝食
09:00 シャワー
10:00 授乳
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 検温
15:00 おやつ
15:30 院長回診
16:00 授乳
18:00 夕食
19:00 授乳
20:00 各部屋でビデオ教材視聴
22:00 授乳
23:00 消灯
 

《胸の状態》
母乳前後に赤ちゃんの体重を測定してもらい、母乳を飲んだ量を測る。毎回60mlくらい出ていて、粉ミルクを足す必要はないとのこと。

《悪露》
お産パットMサイズでトイレのたびに取り替えるくらいの量。

第6日目


07:00 起床 検温
08:00 朝食
09:00 シャワー
09:30 沐浴指導
10:00 授乳
11:00 抜糸のため診察室へ
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 検温
15:00 おやつ
15:30 院長回診
16:00 授乳
18:00 夕食
19:00 授乳
20:00 各部屋でビデオ教材視聴
22:00 授乳
23:00 消灯
 

《胸の状態》
授乳時間が近づくと胸がカチコチに張ってくる。少し絞って乳首をやわらかくしてから授乳。測定によると毎回70mlくらい出ている。

《沐浴指導》
看護婦さんがモデルベビー(よその赤ちゃん)で見本を見せてくれて、その後、自分の赤ちゃんで実践。
退院後に自分がしようと思っている沐浴方法を指導してくれる。私の場合は、沐浴剤を使用した沐浴方法を教えてもらう。

《悪露》
お産パットSサイズで充分の量。

第7日目
(退院日)


07:00 起床 検温
08:00 朝食
09:00 シャワー
10:00 授乳 尿検査
11:00 退院の前に診察
12:00 昼食
13:00 授乳
14:00 退院
 

《悪露》
普通の昼用ナプキンで充分の量。

このページのトップへもどる

妊娠・出産・育児のリンク集はこちら

妊娠・出産・育児の節約術カテゴリーのトップページはこちら

節約主婦の節約術のトップページはこちら

(姉妹サイト)妊娠の兆候・妊娠初期症状〜妊娠・出産−出産体験記入院生活体験記

 


妊娠生活チェックリスト出産後にすることリストを確認しましょう!

女性クチコミサイト【ウィメンズパーク】は、主婦必見の口コミ情報満載!

妊娠の兆候・妊娠初期症状〜妊娠・出産もよろしくお願いします。

初めての方へ | サイト内検索 | サイトマップ | お問い合わせ | 更新履歴

結婚式・披露宴

ショッピング

生活・健康・保険

副収入・仕事

妊娠・出産・育児

Location : 節約主婦の節約術トップ > 妊娠・出産・育児の節約術 > 出産体験記

妊娠・出産・育児

メニュー

妊娠・出産・育児

メニュー



初めての方へ | サイト内検索 | サイトマップ | お問い合わせ | 更新履歴

結婚式・披露宴

ショッピング

生活・健康・保険

副収入・仕事

妊娠・出産・育児


免責事項

管理人は、「節約主婦の節約術」で記載している情報の正確性について万全を期しておりますが、

情報が古くなっていたり、不正確な記載・誤植などで情報が間違っている場合があります。

情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、管理人は責任を負いかねます。

また、当サイトで紹介しているリンク先でのご契約等において生じた問題・不利益についても管理人は責任を負いかねますので、ご了承ください。


本ページに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 2005-2016 節約主婦の節約術 All rights reserved.